2017.03.15 Wednesday 00:00

某テレビ番組じゃないよ!ドリームハウスを見た。【映画 レビュー】

JUGEMテーマ:映画

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

 

こんばんわー。asamiです。

13日はお仕事がお休みでしたー。うーん、土日激務になりそうだと思ってたんだけど、今年はなんか様子がおかしいうちの会社。。。

全然忙しくないなー。まぁ楽だからいいけど。定時で帰れてる奇跡。最高。

 

休みの日はなんだかんだ予定が入ってて外出することが多かったので、その日は一日中家でダラダラしてましたー。

本当は映画館行きたかったんだけどね・・・3月って卒業した子や春休みに入った子たちがワサワサしてるから、そういう人が多いのが嫌であんまりお店に行きたくないのよね。ってことで、13日もNetflix!見たのはこちら。

 

 

 

 

ざっくりあらすじ

 

編集社に勤めていたウィル(ダニエル・クレイグ)は、小説家になるために仕事を辞めて妻のリビー(レイチェル・ワイズ)と2人の娘とともに新居を購入し第二の人生を送ろうとしていた。とても幸せな家族だったが、幸せな日々はすぐ不安な日々へと変わってしまう。ある日の夜、寝ていたはずの娘が起きてきてこう言った。「窓の外から男の人が見ていた」と。

見に行っても誰もおらず、何かの見間違いだろうということになったが、次の日外には足跡が残っていた。更に真夜中に物音がするため地下室に行ってみると、少年たちが何やら不気味な集会を開いていた。少年たちは空き家だと思っていて中に入ったという。更に、「あいつが帰ってきた」と言って逃げていった。不審に思ったウィルは少年たちが残していったフィルムを調べてみると、この家は5年前に一家惨殺事件が起きていたということがわかり、犯人は夫のピーター・ウォードという男だという。

ピーターは心神喪失の疑いで不起訴処分となり精神病院に入院しているということがわかり、ウィルはその病院へ向かった。受付の目を盗んでピーターの部屋へ忍び込むと、そこには妻と娘たちが映った写真が・・・。部屋に入ってきた男がピーターだと思い怒りをぶつけるウィル。しかし男はピーターではなく、ピーターはこの病院から出て行ったいうことがわかる。

ピーターはどこへ?向かいの家の住人、アン(ナオミ・ワッツ)も事件のことについて聞いても答えてくれず、警察も相手にしてくれない。5年前、一体何があったのだろうか。

 

 

 

 

感想は、

 

おぉ、ホラー映画か。。。。ん?え?

 

って感じでした。笑

ちょっと話がよくわからないところもあって、???ってなってしまったけど、まぁ大体はわかりました。

最初は、雰囲気がフッテージとにてる感じだなーと思って見てたんだけど、全然ジャンルが違いました!ホラー?サスペンス?さぁ、どんなジャンルでしょうか。ウィルの家族はみんな幸せそう。ダニエルイケメンだし奥さんのリビーもめっちゃ綺麗だし✨この映画がきっかけでダニエルとレイチェルは結婚したらしいですよ。お似合い♡

外から男の人が立って見てる所とかはゾッとした💦顔が見えないので、こいつは一体誰なんだ?ピーターなの?ってなります。

やっぱ幽霊より人間が怖い😱でも、中盤くらいでビックリすることが起きますよ。どんな内容なのかは私のリアクションで想像してみてください。

 

 

えっ!!!ここでこれ言っちゃう!?(O_O)

 

 

おわかりいただけだだろうか。←

まぁビックリするよね。しかも、じゃあこれから先の話はどういう感じなの?ってなるよね。でも、この映画は最後にももう一つビックリを用意しておりますのでご安心ください。これもこれでビックリしました。笑

ポイントとしては、

ピーターの行方

お向かいさんはなぜ知らないふりをしているのか

警察はなぜ相手にしてくれないのか

家の周辺でうろつく人物は一体誰なのか

こんな感じです。うーん、これはネタバレしないと何も言えないのよー!!!

なのでこれから少しだけネタバレ書いちゃいます!!

 

自分で見て確かめるし!!って人はここから先は見ないでくださいね!!!

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

 

 

 

 

 

では、少しだけネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

実は、容疑者とされているピーターは、ウィル本人だったのです。ピーターの当時の担当医を訪ねたウィルは、ピータが写った防犯カメラの映像を見せてもらう。するとそこに写っていたのがウィル本人でした。ピーターは、自分が容疑者だということを受け入れることができず、自分の名前が書いてある名札を削り新しい名前を作ったのです。その名前というのが、名札に書かれた自分の入所者番号「W1-1L8-10-10」を英語に直したウィル・エイテンテンという名前。最初、エイテンテンって名前変じゃね?って思ってたんだけど、まさかこういうことだったとはね。そして防犯カメラには、お向かいさんのアンも写っていたのです。

アンの元へ行って事情を聞くと、アンは事件の前からピーター一家と仲良くしていた間柄だったといい、ルビーとは友人関係だったという。ここで、今までに出てきていたルビーと娘たちは、精神的に不安定なウィルが見ていた幻覚?妄想?だったことがわかります。

引っ越してきた家も、幻覚だとわかった途端ボロボロの家に。精神病院を出たウィルは、この廃墟に戻ってきて一人で住んでいたというわけです。家族を殺したのは自分だと思っているんだけど、徐々にフラッシュバックする記憶。犯人は一体誰なのだろうか。そして、その時何が起きていたのだろうか。。。

 

 

はい!これから先は自分で見てください!!!

ってことで。またな!←

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://cinema520.biz/trackback/28
 
お読みください
PROFILE & CONTACT
CINEMA 520の読者になる
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.