2017.03.09 Thursday 00:07

【映画 レビュー】人生とは、愛、時間、死。素晴らしきかな、人生を見てきた

JUGEMテーマ:映画

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

 

こんばんは。asamiです。

いつも訪問、ありがとうございます!ランキングクリックもしていただき、とても嬉しいです😊✨

 

先日、会社の健康診断に行ってきました。

ソッコーで終わらせて映画見るぞー!って見る気満々でいました。

病院に行ってみると、どこかの会社で団体で健康診断を受けに来てて激混み・・・😱

映画は11時55分からだったんだけど、終わったのが11時!!

映画館は近いから、すぐ行ってお昼ご飯食べてなんとか間に合ったーーーーー!!!

 

ってことで、見てきましたよ。こちら。

 

 

 

おいおい、ラ・ラ・ランドはいつ見に行くねん!!!って感じですがwww

そこはスルーしてください。笑

 

 

 

えーっと・・・あらすじに行く前にちょっと言いたいことがあるんだけど・・・

 

 

邦題って誰が付けるの?

 

 

この映画の元の名前って、Collateral Beautyっていって、映画の中では「幸せのおまけ」って言うみたいです。

なのに、この邦題・・・素晴らしきかな、人生って。。。。

むかーしの映画にそういうのあったよね?なんでこんな邦題にしたのかなー・・

でも、結構そういうのあるよね。残念な邦題になっちゃった映画。

邦題つけてる人に言ってやりたいわぁ。

 

ダサいって。

 

 

ってことで、ざっくりあらすじ

 

NYで広告代理店の経営者として働くハワード(ウィル・スミス)は仕事も成功し、順調だった。

しかしある日、ハワードは最愛の娘を亡くしてしまい、これまでの人生が一転、深い悲しみとともに何もかもやる気を失ってしまう。

会社に出社しても、ドミノ制作をするだけで誰とも会話をしない。ドッグランで何時間もベンチに座っている。そして家に閉じこもる。そんな毎日を送っている。

そんな状態のハワードを心配している、仕事仲間で親友でもあるホイット(エドワード・ノートン)、クレア(ケイト・ウィンスレット)、サイモン(マイケル・ペーニャ)は彼を救おうと行動し始める。

探偵にハワードの1日を調べてもらったところ、ハワードはある行動をとっていた。

「愛」、「時間」、「死」、それぞれに手紙を投函していたのだ。それを知った仲間たちは、ある人達にハワードを立ち直させるようにお願いをする。彼らはブリジット(ヘレン・ミレン)、エイミー(キーラ・ナイトレイ)、ラフィ(ジェイコブ・ラティモア)で、舞台の稽古をしている3人である。この3人はどうやってハワードをどん底から救うのだろうか。

 

 

 

 

こんな感じです。あんまり深く話してしまうとつまらなくなってしまうと思ったのでこのへんで。

この映画、予告編を見るくらいでその他何の情報も耳に入れないで見に行っていただきたい!!!

私も、それくらいで見に行きました。そのおかげで、ビックリしたし感動したしすごく楽しめました!

なので、ネタバレもしません!

 

感想としては、不思議なお話だったなぁ〜。いい意味で想像したのとはちょっと違ったなぁ〜。って感じです。

娘を失ったハワードをどん底から救うのがメーンだけど、ハワードの同僚、親友でもある3人の人生にも絡んできます。

そして突然現れる3人の人達。この人達が謎の人達です。笑

舞台役者を目指している3人で、倉庫みたいなところで日々稽古をしてるんだけど、なぜ現れた?って感じ。

なぜ現れたのかは実際に映画見てくださいね!言ってしまったらつまらなくなっちゃうので。

とりあえず、出演者が豪華!豪華なだけに、一人一人もう少し長めのストーリーだったらよかったなぁ。

あと、この映画はとても素敵な言葉がたくさん出てきます。

あぁ、人生ってそうだよなぁ。自分もそうしてるかもしれないなぁ。1日1日を大切に生きよう!って思えるような言葉達。

それだけでも見る価値あると思います。ノートにメモしておきたいくらい。

 

あとねー、すげー!って思ったのが、

 

 

大量のドミノ!!!

 

 

このドミノ、何日かけて作ったの!?っていうくらいの量のドミノが出てきます。

それを倒すシーンがあるんだけど、すげー!!!って見入っちゃった。笑

ハワードさんは心を閉ざしてから、会社に来てはずーっとドミノ制作に没頭してるわけです。

でもさ、こういう状況になってしまったときに、何とかしたいって思ってくれる仲間がいるっていうのは、それだけでもすごく幸せだよね。どん底の本人は、なかなかそれにも気付けないんだけどね。

人生は「愛」と「時間」と「死」の3つが関わっているって言葉、そんなこと今まで考えたことなかったけど、確かにそうだなー。

愛とは何か?時間とは何か?死とは何か?それを考えさせてくれるような映画でした。

どんなにどん底でも、幸せのおまけってあるのかな?それってどんなもので、どんな形で現れるのかなぁ。

 

あなたも「幸せのおまけを見逃さないで」

 

 

辛いことがあって落ち込んでいる人、日々なんとなくな毎日を生きている人にオススメ!

ぜひ見てみてね!

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

 

 

 

 

 

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://cinema520.biz/trackback/26
 
SPONSORED LINKS
お読みください
PROFILE & CONTACT
CINEMA 520の読者になる
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.