2017.04.21 Friday 16:28

世界から猫が消えたなら【映画 レビュー】失って初めて気づく大切なもの

JUGEMテーマ:映画

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

こんばんは。asamiです。最近見たい映画がどんどん増えていって辛いです。とりあえず見たいのは、LION!大好きなSiaの主題歌をダウンロードして聴いてるせいもあって映画がどんどん見たくなってきてつらいー。笑 そして最悪なのが、上映シアターが近場ではやってないっていう悲劇・・・不公平だよねー。お客さんが集まらなそうな地域ではやらないっていうのひどすぎるー。 あとはねー今日から公開の美女と野獣!ディズニーのプリンセス映画の中で一番好きで子供のころにめっちゃ見てたのもあってすっごく気になる!主題歌も、アリアナたんとジョンレジェンドが歌っててめちゃくちゃ素敵だし✨旦那さんに見たいって言ったら、俺はアニメ版を見たことがないからそっちが見たいってさ。そこからかい!!

でも、またアニメから見直そうかなー。リトルマーメイドも見たいし。LIONはDVD出るまで我慢になっちゃうかもだけど、美女と野獣は絶対見るぞー。

 

さて、只今レンタルしている5本の映画の紹介2本目。今回はこちらを見ました!

 

 

 

 

ざっくりあらすじ

 

 

「僕」(佐藤健)は郵便配達員をしている30歳。愛猫のキャベツとふたり暮らしをしている。ある日突然ひどい頭痛がするので病院へ行くと、先生から脳に腫瘍ができていて余命わずかだと宣告された。いきなりのことで理解もできず呆然としながら家に帰ると、そこにはひとりの男がいた。それは自分と同じ容姿の「悪魔」と名乗る男だった。何が起きているのかわからない僕に、悪魔はこう言った。

「世界からひとつ、物を消せば寿命を1日伸ばしてあげる」と。ただし、消す物は大切な物でないといけないらしい。そして、消す物を決めるのは僕ではなく悪魔。悪魔はとりあえず、世界から電話を消してしまおうと言い出した。消す前に最後に電話を一度だけ使ってもいいということになったので、僕は3年前まで付き合っていた元「彼女」(宮崎あおい)に電話をかけた。

 

 

 

原作は映画プロデューサーであり作家でもある、川村元気さんの小説です。この作品が小説家としてのデビュー作らしいです。

川村元気さんが企画やプロデュースした作品で有名な映画といえば、告白や悪人などがあります。悪人はすごく好きだったなぁ。

私は、原作は未読での鑑賞でした。なんていうか、小説とか漫画とかを映画にするっていうのは本当に難しいことだなーってつくづく思うわぁ。この映画もそんな感じでしたね。

 

 

以下ネタバレ感想

続きを読む >>

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

2016.12.16 Friday 15:35

映画 貞子 VS 伽倻子

JUGEMテーマ:映画

 

新作映画2500円分今すぐ<無料会員登録>【クランクイン!ビデオ】

 

私は、怖い話とかホラー映画が大好きです。

ホラーと言ったらやっぱり日本の映画だと思います。

海外のホラー映画は、悪魔とかそっち系になってしまうので基本見ません。

 

リングを観た時はまだ子供のころだったけど、結構怖くて最後の貞子の目が映るシーンは手で顔を隠して観てたっけなぁ。。

でも最近、ホラー映画を観ても、ひとつも怖いと思えない。逆に笑ってしまい、一緒に観てる人から白い目で見られる私です。

 

さて、こちらの映画は映画化されると聞いた時はギャグ映画かよと突っ込んでしまいました。笑

よくもまぁ、こんな映画を作ってしまったなと。なんか、エイプリルフールのネタだったのを実現化したって話らしい。

 


貞子3D2 2Dバージョン & スマ4D(スマホ連動版)DVD(期間限定出荷)

 

ざっくりあらすじ

 

女子大生の夏美は、見たら貞子から電話がかかってきて2日後に死ぬという呪いのビデオを見てしまう。

それを知った親友の有里は、呪いを解く方法を必死に探し、ある霊媒師に除霊をお願いする。

 

一方で、入ったら行方不明になるという呪いの家の向かいに引っ越してきた女子高生の鈴花は、ある日その家の前で入ろうとしている小学生を目撃。その後行方不明になっていると聞き、気になって家に足を踏み入れてしまう。

 

そんなこんなで呪いを解くために、有里と鈴花が協力しあうことになった。

果たして、呪いは解けるのだろうか。

 

以下ネタバレあり感想。

 

なんかもう、いろんな意味ですごかった!笑

 

私はリングと呪怨だったらリングのほうが好きなので、貞子が後ろに立っているところとか気配を感じるところとかは結構ゾクッとしたなー。ホラー映画って感じがした。映画館で見てたから尚更かも。

夏美が霊能者にお祓いをしてもらってるときも、水を大量に飲まされて口から髪の毛が出てきたりとか結構不気味で、この流れで続いてくれれば満足できそうだなーって思ってたんだけど。。

 

伽倻子がね、なんかもうよーわからん。笑

俊雄くんも出てきたけど、いきなり登場してビックリさせるだけやんって感じだった。

何が怖いのかわかんない。てか出てきて笑ってました私。笑

 

そしてここから登場するのが、経蔵と珠緒。

 

突っ込みどころ満載な感じ。。笑

経蔵と一緒にいる珠緒は盲目なんだけど、多分経蔵よりも霊感ありそうな感じ。

そしてこの経蔵さんが放った言葉というのが、

 

 

『バケモンにはバケモンをぶつけんだよ』

 

って名言ね。笑

 

貞子と伽倻子を呼び出して対決させて、二つとも消滅させてしまおうってわけ。

果たしてうまくいくのでしょうかねー。

 

 

貞子と伽倻子が登場して、2人が取っ組み合いみたいになったところがあったんだけど、そのときに一瞬、

 

 

え?伽倻子二足で走った?

 

 

って思えるところがあって、思わず笑ってしまった。笑

しかも、手でビデオ踏み潰しちゃってるし!!

この場面、暗いし早いからあんまり見えなかったんだけど、もう少し長く戦ってもらいたかったなー。

 

そして、戦いは外へと。

お互いがぶつかって吹っ飛んだり、めちゃくちゃ。笑

もうね、どうにもならないから、最終的に有里たんが生贄となって井戸の中に貞子と伽倻子を呼び込む作戦へ変更ですよ。

 

井戸に落ちた2人が出てこないように井戸にちゃっちい蓋をする鈴花たん。

そんなちゃっちい蓋がちゃんと固定されるわけもなく。。。

 

ドーン・・・

 

まぁ吹っ飛ぶよね。笑

え?衝撃で経蔵も死んでるし・・

珠緒もどう見ても死にそうだし・・

 

そして井戸の中から、貞子と伽倻子が合体した、貞倻子が出てきたところでおしまい。笑

 

 

感想は、いろんな意味ですごくてめちゃくちゃで、おもしろかったです。笑

 

でも、これはホラーではない。笑

 

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋


このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

2016.10.19 Wednesday 15:53

シン・ゴジラ

JUGEMテーマ:映画

www.shin-godzilla.jp

 

あらすじ

 

あらすじ、書かなくても大体わかると思うけど、都心に巨大不明生物が上陸してきて、それを国がなんとかしようとするって話。笑

怪獣映画とかはそんな流れですよね。

 

この映画は、総監督、脚本、編集に庵野秀明監督を起用したってことでいろいろ話題になったねー。

エヴァンゲリオンが大好きな私は、それを知った時、

 

おい!庵野さん!

エヴァの続編はいつやるんだよ!

 

と突っ込んだよ。。

 

で、最初は全然興味なかったんだけど、エヴァ好きの友達にが先に映画を観て、

 

面白すぎて2回も観ちゃった!

 

っていうのを聞いてしまって、気になって観てきた感じです。

しかも、初めてのMX4Dで体験してきました!

 

以下ネタバレ感想

 

続きを読む >>

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

2016.10.03 Monday 23:00

SCOOP!

JUGEMテーマ:映画

公式サイト 

scoop-movie.jp

〈あらすじ〉

かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきた凄腕カメラマン・都城静(福山雅治)。しかし、その輝かしい業績も、いま現役の雑誌編集者たちにはほとんど知られてない。過去のある出来事をきっかけに報道写真への情熱を失ってしまった静は、芸能スキャンダル専門のパパラッチに転身。それから何年もの間、自堕落な日々を過ごしてきたのだ。そんな彼に、再び転機が訪れる。ひょんなことから写真週刊誌「SCOOP!」に配属されたばかりのド新人記者・行川野火(二階堂ふみ)とコンビを組まされる羽目になってしまったのである。案の定まったく噛み合わずケンカばかりの静と野火。この凸凹コンビが、まさかまさかの大活躍で独占スクープを連発!そしてついに、日本中が注目する重大事件が発生する…。

 

 

映画館で流れる予告で結構流れていて、面白そうだなーと思っていたので初日に観てきました。

 

以下感想(ネタバレあり)

続きを読む >>

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

<<new | 1 / 1pages | old>>
 
お読みください
PROFILE & CONTACT
CINEMA 520の読者になる
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.