2017.03.24 Friday 11:29

【映画 レビュー】今更だけどやっと見れたよーララランド!!!

JUGEMテーマ:映画

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

こんにちはー!asamiです。

最近あったかくてウキウキな私です。早く3月が終わってしまえば、さらにウキウキなのになぁ。

3月の仕事がめちゃくちゃ嫌なのです。頭の中そればっかり。笑

先日お休みだったので映画を見に行こうってなったんだけど、見たい映画が沢山ある中でとりあえずララランドかモアナは絶対見ないとなって思ってたの。

最近の私の頭の中は、現実逃避がしたい。。。癒されたい。。。ってのが9割を占めているので、身体が求めているのは綺麗な海が見れるモアナだったんだよね。海ってすごく癒されるからさー。でも、映画館の上映時間を調べると、モアナは1日に4、5本やってるんだけど、ララランドは1日に2本っていう・・・このままだと映画館で見ようとした時には終わってるんじゃないかって焦りが出てきまして。。。思いきって見てきたのですよ。こちらを。

 

 

 

ええ。モアナはまた今度にしますよ。ミュージカルだし、映画館で見た方が絶対いいもんね!

みんな鑑賞済みで今更感たっぷりですけど、レビューしてまいりますよ。

 

 

ざっくりあらすじ

 

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。とある映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は、女優を目指してオーディションを受ける日々。しかし、何度受けても落ちてばかりだった。ある日、ミアは場末のバーから聞こえてきたピアノのメロディーに惹かれ、そのバーに入っていった。そこでピアノを弾いていたのが売れないジャスピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)であった。彼はいつか自分のお店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏することが夢だった。やがて2人は付き合うことに。

夢を追いながら楽しい日々を過ごしていたが、友人から誘われたバンドにバーの資金集めのために加わったセブ。そのバンドが成功し始めたのがきっかけで、2人の心がすれ違いはじめる・・・

 

 

 

 

感想

 

なんかもうねー、夢の中にいるみたいだった。話の内容はよくあるパターンの話なんだけど、そこにちょいちょい入ってくる歌と音楽が最高だったね!!!しかも、自分の場合、見終わった後に身体の中から込み上げてくる何かを感じ、ここ何日か夢の中にいる状態が続いてます。笑 気づいたらサウンドトラックをダウンロードしてまして、毎日聴いているっていうハマりようですよ。聞けば聞くたびに楽しくなるし、どこか切なくもなる、素敵な歌だなぁ✨わたくし、ララランドを見てから念願の現実逃避ができたみたいで最近毎日がこんな状態ですよ。笑

 

 

 

 

あ、これ私ですよ。笑 スナップチャットのミーアキャットにハマってて、この状態で早く帰ってこいよとか話したのを動画で撮って旦那に送りつけたりしてます。笑 部屋で1人出やってるからね・・・まじ頭おかしいwww

話が脱線してしまいましたが、ミュージカルが苦手な私がここまでハマるって奇跡やー。過去に見たミュージカル映画は、

 

       

 

レ・ミゼラブルくらいなんだよねー。ちなみに、ヘアスプレーは映画鑑賞券が抽選で当たったのでタダで見に行けたんだけど、途中で寝てて内容あんまり覚えてないっていう・・・笑  レ・ミゼラブルはいい映画で感動もしたけど、時間が長く感じてちょっと辛かった記憶があるなー。そんな私が楽しんで見れたっていうんですから、ミュージカル映画が苦手な人も見やすいと思われる!ずっと歌を歌ってるわけじゃないからなのかなー。普通の映画を見てるのとあんまり変わらない感じで見れました。

セブが弾いているピアノの曲があるんだけど、あれがすごく好きでね。私、幼稚園から高校までずっとピアノを習ってたので、弾きたい衝動にかられました。しかも、ライアンさんピアノ全く弾けなかったのに3ヶ月くらいの猛特訓であそこまで弾けるようになったとか、まじすごすぎる!!!リスペクト!!!役者ってすごいなー。ピアノも弾けて、歌も歌えて、あの甘いマスクと完璧なスタイルで・・・

 

惚れるやんけ!!!( ;´Д`)ハアハア

 

 

ミア役のエマたんもめっちゃかわいかったー♡彼女の歌声すごく好き♡

最後に呼ばれたオーディションで、おばあちゃんの話をするときに歌った歌が、これまたすごく素敵でね。泣きそうになってしまったくらい。歌詞もいいから何回も聴いてる。夢を追う人は何度もバカをしたりするけど、そういうことをしてきたから夢を叶えられるんだよって。そんなバカな人たちに乾杯してって。決して夢追い人をバカにしてるわけじゃないこの歌詞。すごく納得できるし素敵だなー。

 

最後は2人とも夢を叶えることができるんだけど、夢を叶えるためには何かを犠牲にしないといけないのね。本当に切ない。

そして、その中での幻想シーンがまた切なかった。この幻想のようになっていれば最高だったのになぁ。でも現実はそう簡単にはいかないんだなぁ・・・これまたよくあるパターンの話なんですが、幻想シーンと曲が入ってくるせいか新鮮な感じで見れました!

まだ見てない人は絶対見た方がいいよ!モアナ我慢してララランド見てよかったって本当に思ってるもん。

わたくしは、しばらくはララランドの中で現実逃避を続けようと思っております。笑

 

てなわけで、ララランドに行ってきまーす。←

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

2017.03.17 Friday 20:12

サスペンス+ファンタジー?だけどほっこり。セイフヘイブン【映画 レビュー】

JUGEMテーマ:映画

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

 

こんにちはー。asamiです。

blogを初めて数ヶ月たったんですが、いろんなblogを訪問したりしてます。でも、どうやったら気になった人と仲良くなれるのかなー。みんなコメントを頻繁に書いたりして仲良くなっていってるのかな?そこらへんが、まだうまくできない私です。

さて、15日は冬がまた来たのか!ってくらい寒かったですね⛄️

自分の住むところでは、山が雪で真っ白になってました💦もう寒いのはごめんだ😭

でも、昨日はすごくいい天気でポカポカ陽気で気持ち良かった🌞

 

 

 

 

あったかかったので、近所を散歩してきた。やっと分厚いコートを着なくてもいい季節がきたー!

運動してリフレッシュできたので、昨日は恋愛映画でも見ようかなと思いこちらを見ました!

 

 

 

 

恋愛ものっていっても、普通の恋愛ものは苦手な私。ひとくせふたくせある内容のものを選びました。笑

サスペンスなのか?それともファンジーなのか?なんなのか!不思議な映画だったよ。感動して泣いてしまいました😭

ネタバレするとつまらない系です。中盤と最後はビックリしました!

 

 

ざっくりあらすじ

 

ある雨の日、ケイティー(ジュリアン・ハフ)はあることから逃れるようにアトランタ行きの高速バスへ乗った。

ノースカロライナ州のサウスポートという小さな港町に休憩で停車した時に、とても素敵な場所だと感じだケイティーは、その場に留まることを決意した。近くの森の中にある一軒の古いコテージを買い、カフェで働き始めたケイティー。バスの休憩地として利用されている雑貨店で働くアレックス(ジョシュ・デュアメル)と出会う。アレックスにはジョシュとレクシーという2人の子供がいるが、数年前に妻を癌で亡くしている過去がある。2人は少しずつ距離を縮めていき、やがて付き合うようになった。

その裏側で、刑事のケヴィン(デビッド・ライオンズ)は、ケイティーの行方を追っていた。バス停の乗車客を映すカメラをチェックしていると、フードを被った金髪の女性を発見。それは誰かから逃げるようにバスに乗るケイティーの姿だった。それを見つけたケヴィンは、ケイティーを第1級殺人罪の容疑者として全国指名手配犯とし、行方を追うのであった。

 

 

 

 

 

まず、この映画は、舞台になったノースカロライナ州サウスポートの自然豊かな場所を感じれることがすごく良かったです!

海もあって緑もあって、まさに天国のような場所。今の時期、忙しさから逃れたいと思っている私は、この映像を見てるだけでもかなり癒されました。ああゆう港町にいつか住んでみたいなぁ・・・✨

 

さて内容なんですが、冒頭から手に血をつけたケイティーが逃れるように近所の家に駆け込むところから始まり、サスペンスムード全開な感じです。上のあらすじを読んでも、これサスペンス系なのか?って思うよね。まぁ、そうなんだけどね。

ケイティーは殺人犯として指名手配されてます。なので、ケイティーって名前も偽名。髪もロングヘアの黒髪からミディアムヘアの金髪へ変えています。訪れた港町でも警察を見ると身を隠したりとビクビクしながら過ごす日々。

それを知らないアレックスは、とってもいい人でいいパパでイケメンで文句なし!笑 娘のレクシーも素直で可愛くて、ケイティーによく懐いている。ジョシュは亡くなったお母さんの記憶が残る年齢だからか、ケイティーをうまく受け入れることができない様子。アレックスにも反抗的。少しずつですが距離を縮めていく2人。

 

ケイティーは森の中にある古いコテージを買ったんだけど、買い物から帰ってきた時に家の中を覗いている不審な女性に遭遇するんだよね。その女性はジョー(コビー・スマルダース)といって近所に住んでるんだとか。久しぶりに近くに引っ越してきた人がいたから気になって家を覗いてしまったという不信感たっぷりの様子。笑

このジョーって人がちょいちょい出てきます。でも、なんか不思議な登場の仕方なので何者なんだ?と思いながら見てました。

不審者なんだけど、言うことがすごくいいことを言うんだよなー。ケイティーに助言をしてくれるっていうか。それを見てると、悪い人ではなさそう・・・?

 

そして、裏で行動している刑事のケヴィン。かなり必死にケイティーを探しております。殺人犯を追うのは当たり前だもんね。

冒頭でケイティーが逃げ込んだ近所の家の住人にも事情を聞きに行くんだけど、住人はケイティーのことを知らないと言う。うーん?なんで知らないって嘘つくんだろうね?ケイティーを助けてるし。殺人犯とされているケイティーを何故助けたのか、これは中盤あたりで出てきます。私はいつものごとくびっくりしました。笑 そういう設定かよ!と。

 

はい、書けるここまでかなー。あとは見てからのお楽しみ!

全体的に恋愛映画だけど、いろいろあるので見てて楽しかったよ。

特にビックリしたのが最後ね。

 

 

おまえぇぇぇ!!!

 

て。笑  正直、最後に行く直前あたりでうすうす気づいてはいたけどね。

でもそれもそれで良かったです✨こういう映画初めて見たかも。

内容も素敵だけど、自然豊かな風景が見れるだけでも価値があるのでオススメです!!ぜひ見てみてね!

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

2017.03.15 Wednesday 00:00

某テレビ番組じゃないよ!ドリームハウスを見た。【映画 レビュー】

JUGEMテーマ:映画

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

 

こんばんわー。asamiです。

13日はお仕事がお休みでしたー。うーん、土日激務になりそうだと思ってたんだけど、今年はなんか様子がおかしいうちの会社。。。

全然忙しくないなー。まぁ楽だからいいけど。定時で帰れてる奇跡。最高。

 

休みの日はなんだかんだ予定が入ってて外出することが多かったので、その日は一日中家でダラダラしてましたー。

本当は映画館行きたかったんだけどね・・・3月って卒業した子や春休みに入った子たちがワサワサしてるから、そういう人が多いのが嫌であんまりお店に行きたくないのよね。ってことで、13日もNetflix!見たのはこちら。

 

 

 

 

ざっくりあらすじ

 

編集社に勤めていたウィル(ダニエル・クレイグ)は、小説家になるために仕事を辞めて妻のリビー(レイチェル・ワイズ)と2人の娘とともに新居を購入し第二の人生を送ろうとしていた。とても幸せな家族だったが、幸せな日々はすぐ不安な日々へと変わってしまう。ある日の夜、寝ていたはずの娘が起きてきてこう言った。「窓の外から男の人が見ていた」と。

見に行っても誰もおらず、何かの見間違いだろうということになったが、次の日外には足跡が残っていた。更に真夜中に物音がするため地下室に行ってみると、少年たちが何やら不気味な集会を開いていた。少年たちは空き家だと思っていて中に入ったという。更に、「あいつが帰ってきた」と言って逃げていった。不審に思ったウィルは少年たちが残していったフィルムを調べてみると、この家は5年前に一家惨殺事件が起きていたということがわかり、犯人は夫のピーター・ウォードという男だという。

ピーターは心神喪失の疑いで不起訴処分となり精神病院に入院しているということがわかり、ウィルはその病院へ向かった。受付の目を盗んでピーターの部屋へ忍び込むと、そこには妻と娘たちが映った写真が・・・。部屋に入ってきた男がピーターだと思い怒りをぶつけるウィル。しかし男はピーターではなく、ピーターはこの病院から出て行ったいうことがわかる。

ピーターはどこへ?向かいの家の住人、アン(ナオミ・ワッツ)も事件のことについて聞いても答えてくれず、警察も相手にしてくれない。5年前、一体何があったのだろうか。

 

 

 

 

感想は、

 

おぉ、ホラー映画か。。。。ん?え?

 

って感じでした。笑

ちょっと話がよくわからないところもあって、???ってなってしまったけど、まぁ大体はわかりました。

最初は、雰囲気がフッテージとにてる感じだなーと思って見てたんだけど、全然ジャンルが違いました!ホラー?サスペンス?さぁ、どんなジャンルでしょうか。ウィルの家族はみんな幸せそう。ダニエルイケメンだし奥さんのリビーもめっちゃ綺麗だし✨この映画がきっかけでダニエルとレイチェルは結婚したらしいですよ。お似合い♡

外から男の人が立って見てる所とかはゾッとした💦顔が見えないので、こいつは一体誰なんだ?ピーターなの?ってなります。

やっぱ幽霊より人間が怖い😱でも、中盤くらいでビックリすることが起きますよ。どんな内容なのかは私のリアクションで想像してみてください。

 

 

えっ!!!ここでこれ言っちゃう!?(O_O)

 

 

おわかりいただけだだろうか。←

まぁビックリするよね。しかも、じゃあこれから先の話はどういう感じなの?ってなるよね。でも、この映画は最後にももう一つビックリを用意しておりますのでご安心ください。これもこれでビックリしました。笑

ポイントとしては、

ピーターの行方

お向かいさんはなぜ知らないふりをしているのか

警察はなぜ相手にしてくれないのか

家の周辺でうろつく人物は一体誰なのか

こんな感じです。うーん、これはネタバレしないと何も言えないのよー!!!

なのでこれから少しだけネタバレ書いちゃいます!!

 

自分で見て確かめるし!!って人はここから先は見ないでくださいね!!!

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

 

 

 

 

 

では、少しだけネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

実は、容疑者とされているピーターは、ウィル本人だったのです。ピーターの当時の担当医を訪ねたウィルは、ピータが写った防犯カメラの映像を見せてもらう。するとそこに写っていたのがウィル本人でした。ピーターは、自分が容疑者だということを受け入れることができず、自分の名前が書いてある名札を削り新しい名前を作ったのです。その名前というのが、名札に書かれた自分の入所者番号「W1-1L8-10-10」を英語に直したウィル・エイテンテンという名前。最初、エイテンテンって名前変じゃね?って思ってたんだけど、まさかこういうことだったとはね。そして防犯カメラには、お向かいさんのアンも写っていたのです。

アンの元へ行って事情を聞くと、アンは事件の前からピーター一家と仲良くしていた間柄だったといい、ルビーとは友人関係だったという。ここで、今までに出てきていたルビーと娘たちは、精神的に不安定なウィルが見ていた幻覚?妄想?だったことがわかります。

引っ越してきた家も、幻覚だとわかった途端ボロボロの家に。精神病院を出たウィルは、この廃墟に戻ってきて一人で住んでいたというわけです。家族を殺したのは自分だと思っているんだけど、徐々にフラッシュバックする記憶。犯人は一体誰なのだろうか。そして、その時何が起きていたのだろうか。。。

 

 

はい!これから先は自分で見てください!!!

ってことで。またな!←

 

 

 

 

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになります🙈💕

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいです😋

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
                 

<<new | 1 / 10pages | old>>
 
お読みください
PROFILE & CONTACT
CINEMA 520の読者になる
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
MOBILE
SEARCH
OTHER

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.